かさやまの紹介
まちの概要
町内会の概要
町内会の事業

 笠山町々内会のしくみ
町内会の会員は、一般世帯とオーナー型管理住宅に区分されています。
一般世帯では、住民の居住エリアを15の単位自治に区分し、「組」と称しています
組内では、情報伝達や相互扶助を円滑に進めるために「班」を単位に近隣グループを構成します。
賃貸住宅の人は、原則として、建物が建設されるときに、種物オーナー様と協議し、一般会員となるか、オーナー型管理住宅の会員となるか決定しています。
一般世帯では「組」で代表者を選出し、組長として町内会の役員となります。
「組」では、組長のほかに次の委員を選出します
副組長 ・・・ 組長が不在の場合に代理/代行をします
班 長 ・・・ 組長の補佐として班の会員の連絡窓口となります
専門委員 ・・・ 体育委員(2名)と防災委員・地域安全委員(各1名)の委員として組の機能面の補佐をします

組 分 図 諸規定ならびに様式集

 笠山町内会の運営委員(組織)
笠山町の運営委員は、次の形で選出されます

(役員)               会則第7条関連
会 長・副会長・会 計・会計監査
・・・ 役員選考委員会で選出し総会で承認を受けた者
庶 務 ・・・ 会長が委嘱し総会で承認を受けた者
組 長 ・・・ 各組の会員の互選によって決定した代表者
(専門部・専門委員会等)       会則第11条関連
専門部は、行事等の企画や運営を担当します。
専門委員会は、生活基盤の点検や改善を担当します。

組 織 構 成 図 役員・委員などの役割任務

豆知識 町内会とは・・・・・